PC/NETのetcetra/2008-09-28

Last-modified: 2008-10-19 (日) 07:24:52 (5047d)
※※このサイトは2012年頃より更新を停止しています。※※

うちのEndaevor MT7000、CPU換装うまくいったっぽい。
その作業メモと、併せて仕事がらみのちょいメモを投下。
あー、ハードウェア嫌い。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

うちのEndeavor MT7000

http://support.epsondirect.co.jp/edcfaq/edsnsys_expub.nsf/ContentsID_S/TN100008700
購入の状態ではCeleron 1.8GHz、メモリ256MB。
これをPen4 2.4GHz、メモリ1GBにした過程のメモ。

チップセット

インテル 845GEチップセット
400MHz/533MHz サポート
BIOS:P4GE-VM
P4GE-VMサポート情報
ジャンクでBIOS拝む
初心者の為のオーバークロック(OVERCLOCK)
これらの情報を参考にしつつ、P4G3-VMの取扱説明書を読む。

メモリ

初期状態で刺さっていたメモリはおそらく下記
 PC-2700(333MHz) DDR SDRAM 256MB CL2.5
そこへ追加で
 ED-1GJ PC2700(DDR333)
を刺して合計1.25GBで、2008年1月〜8月ごろまで使っていた(CPUはCeleronのまま)。

グラフィックボード

AGP:ATi RADEON9000Pro-128M(RV25A-C3)
Intel 845GEってAGPの2.0?AGP3.0には対応してない?

サウンドボード

PCI:Creative Sound Blaster Live SB0200

CPU

Socket 478
インテル Celeron 1.7GHz :Q区分 0.00088
インテル Celeron 1.80GHz :Q区分 0.00083
インテル Celeron 2GHz :Q区分 0.00075
インテル Celeron 2.20GHz :Q区分 0.00068
上記内臓キャッシュメモリ:8KB/128KB
以下、FSB 533MHz対応のNorthwood(ノースウッド:第二世代のPentium 4)っぽい。
インテル Pentium 4 1.80AGHz :Q区分 0.00083
インテル Pentium 4 2.0AGHz :Q区分 0.00075
インテル Pentium 4 2.40BGHz :Q区分 0.00063
インテル Pentium 4 2.53GHz :Q区分 0.00059
インテル Pentium 4 2.66GHz :Q区分 0.00056
インテル Pentium 4 2.80GHz :Q区分 0.00054
上記内蔵キャッシュメモリ:8KB/512KB
HTテクノロジ インテル Pentium 4 3.06GHz :Q区分 0.00049
※HTはノースウッドだとIntel 865からしか対応しないっぽい?(by wikipedia)

FAN
cooler master CE ?? CM12V

CPU換装とか。
手順参考 引用

一般的には、
1.CPUクーラーの電源を外す。
2.CPUクーラーの横に付いている留め具(レバー)を外す。
3.CPUクーラーを外す。(引っ張る)
4.MB上のCPUを止めてるレバーを外す。
5.CPUをまっすぐ持ち上げて抜く。

たぶん、CPUとクーラーは接着してると思うので、
3をやらずに、5の手順で、CPUクーラーごと取り外す方が良いかも。
CPUの足を折らないように注意してください。

取り付けるときは、逆の手順でやればいいです。
もしシリコングリスがあれば、CPUクーラーを取り付けるときに塗っておく。
塗り方は、説明書を見てやってください。
参考URL: ​http://www32.ocn.ne.jp/~com/mypc.html

CPU交換時の作業内容

2008年8月に、CPUを秋葉原で1700円ぐらいで買ったPentium4 2.4GHz(Northwood)に変えてみた。
Windows起動してみると、CPUがPen4であることは認識してるが、周波数が1.8GHzのままでしか認識しない。
BIOSの設定はEPSON Directのデフォルト設定として、CPUの動作周波数を変更するインターフェースが無効にされているようだった。

その後調べて9月頃、マザーボード(P4GE-VM)のJumper設定を変えることでなんとかなる気がしてきた。
そこでマザーボードをJumperFree mode(SWは1〜4をON、5をOFF)にしたところ、CPUはちゃんと2.4GHzのPen4と認識した。
でもWindows起動してみると、なぜか表示が異常になったり、動作さえも遅かったり、操作中にフリーズしたりした。
メモリ周波数とCPU周波数が合ってないからかも?
だってねぇ、CPU周波数変える前は今までと変わらず動いてた(さらにCeleron→Pen4に変えたおかげか圧縮/解凍とかの演算処理が早くなってるように感じてた)もんだからさ。

そこで、初期状態で刺さっていた PC-2700(333MHz) DDR SDRAM 256MB CL2.5 が古いタイプだからかもと考えて、ED-1GJ PC2700(DDR333) だけを残して256MBを抜いて起動してみた。(2008-09-27)

その直後から動作が安定したように見える。メモリ合計は1.25GB→1GBになってしまったけど。
ネットゲームの処理も若干軽快になったように感じる。
しばらく様子を見ることにした。

MSのSQL Server の無償版の特徴とか

参考:dreamhound - MSDE 2000 と SQL Server Express を調べる
以下、上記URLからの抜粋

SQL Server 2000 Desktop Engine (MSDE 2000)
http://www.microsoft.com/japan/sql/msde/default.mspx

サイトを眺めてみると、MSDE 2000 に加えて Microsoft SQL Server 2005 Express Edition(以下 SQL Server Express と呼ぶ)という、もう1つの無償で利用できるデータベースエンジンが見つかる。これらの違いは以下のようなこと:

  • MSDN 2000 は SQL Server 2000 ベース、SQL Server Express は SQL Server 2005 ベース。後者の方が新しい。
  • 両者とも無償で使用したり配布することが認められている(要条件)。
  • 両者とも SQL Server へのアップグレードがシームレスに出来る。
  • MSDN 2000 は Windows Vista と Windows Server 2008 では動作しない。
  • 新規での MSDE 2000 の再頒布登録は 2007/6/30 を以って締め切り。
  • MSDE 2000 のサポートは 2008/4/8 を以って終了する。
  • MSDE 2000 はデータベースへの同時アクセス数が5ユーザに制限されている(SQL Server Express は制限無し)。

Microsoft Express Server 2005 Express Edition
http://www.microsoft.com/japan/sql/editions/express/default.mspx

XP homeを使ってる環境で検証等に使うなら、下記のみで十分かも。

CLIでのSQL利用の参考

MySQLやPostgreSQL、はてはSQL Server 2005まで。
couer de lion - データベース CUI使い方

sedでpukiwikiのリンク編集

んまーこんな感じで。

#!/usr/local/bin/bash

FILENAME=`ls ./sed/`
sed "s|^\(.*\)\[\[\(.*\)>http://www\.stackasterisk\.jp\(.*\)\]\]\(.*\)$|\1\[\.\3 \2\]\4|g" ./sed/$FILENAME > hoge.txt

こうすることで、

文字文字文字[[リンクタイトル>http://www.stackasterisk.jp/hoge/hogehoge]]文字文字

となっている行を

文字文字文字[./hoge/hogehoge リンクタイトル]文字文字

に直せる。
けど、「リンクタイトル」の文字列中に「 」(半角スペース)が入ってたら問題。
それを回避する方法あるかなぁ?

LVMで構成されたパーティションの容量変更

参考:ITmedia エンタープライズ:特集:LVMによるディスクパーティションの動的化(前編)
参考:ITmedia エンタープライズ:特集:LVMによるディスクパーティションの動的化(後編)
参考:LVM使用環境でのパーティションサイズの変更方法 | Neoceed
参考:ゆうちくりんの忘却禄: 2007年07月 アーカイブ
参考:サーバ構築/LVM/領域作成と切替

最後の参考URLはちょっと難しいけど、LVMをGUI任せじゃなく自分でLVM構築操作をして丁寧に動きを知りたい場合にじっくり見てみよう。
取り急ぎ、今は既存のLVMパーティションの容量変更をしたいだけ。

  • とりあえず。
    CDブートのKNOPPIX 5.3.1で、ハードディスク上CentOS5のLVM領域をmountする手順(上記参考URLから抜粋)
    1. dm-modを読み込み
      # modprobe dm-mod
    2. ボリュームグループのスキャン
      # vgscan
    3. ボリュームグループの有効化#
      # vgchange -a y
    4. ボリュームグループとロジカルボリュームの確認。
      # vgdisplay
      # lvdisplay
  • それから。
    パーティションをリサイズして空きを作り、空いたスペースに新しい論理ボリュームを作り、そこに新しいパーティションを作る。
    ここ、順序注意!
    1. ファイルシステムを縮小する。(下記デバイス名はうちのCentOS5の場合)
      # resize2fs 〜〜〜〜 /dev/VolGroup00/LogVol00
    2. LogicalVolumeのサイズを小さくする。
      # lvresize -L-1536M /dev/VolGroup00/LogVol00
    3. 空いた領域に新しいLogicalVolumeを作成する。
      # lvcreate 〜〜〜〜
    4. 新しいLogicalVolumeにファイルシステムを作成する。
      # mke2fs -j 〜〜〜〜〜
  • こうしてリサイズおよび新しいパーティションの作成が終わったら、ボリュームグループの無効化をしておくのが安全だはずね。
    # vgchange -a n
    

LFS (Linux for Scratch)

JFdocs Linux From Scratch 第 5.0 版(ちょっと古い)
Wikipedia Linux from Scratch
参考:LFS Island - Unlimited Island
参考:LFS (Linux from Scratche) 構築奮闘記

近いうちこれやろう。
かれこれ3年ぐらい前にやろうとして、途中でやらなくなったけど。
今だったら、より明確に取り扱うことができそうな気がする。