歌バカ/2008-12-29

Last-modified: 2008-12-29 (月) 18:52:48 (3639d)
※※このサイトは2012年頃より更新を停止しています。※※

2008年歌遊び総決算

この一年は、始まった1月からいきなり目標地点が決まって、その通りに突っ走った感じだったなぁ。
そうして音楽遊びを再開することになってから、なんか人前で拙い歌を晒す機会が数回巡ってきたこの一年。
歌バカ的に振り返ってみる。

  • 2008-04-29 Bee発表会
    当時の職場(大阪:JR京橋駅)の近所で見つけたBeeミュージックスクール。
    お店の佇まいがJazz屋ベースなので、うるさいロックドラムの練習にはあんまり向いてなかった。
    しかしなにしろ音楽遊びを再開したかったので、とりあえず手軽に始められるVo科に首突っ込んでみた3月。
    いきなり「Vo科発表会が近い」ということでそれに向けて一人カラオケで練習を重ねる(笑
    そして大阪暮らしの締めくくりイベントみたいな心地で望んだ4月29日(昭和の日)。
    BeeミュージックスクールのVo科発表会で歌った曲は次の2曲。

     「遠く遠く(槇原敬之)」
     「Starting Line(コブクロ)」

    どっちかってとバラードはニガテだったんだけど、Jazz屋で歌うんだから、ということでこれらをチョイス。
    なぜに突然マッキーかというと、冬の間に関東に寄った時にhoshiimo殿が歌ってるのを聴いて「あ、これ歌いやすいかも」と思ったから。
    んで、詩的にも気持ちを入れやすい感じがしたってのがポイント。
    あとは知ってるバラードの中で心込めて歌えそうなのを選んで、コブクロ。

    当時の職場から5分ほどのところにジャンカラがあったので、行ける日はほぼ毎日、1時間の昼休みを利用して声出しに行ってた。
    その成果もあってか、変にあがったりせずに歌えた気がする。精一杯やった!と思えるステージであった。
    こぢんまりしたお店に、一緒に出演する人々がひしめき合って座って。
    それぞれに自分の課題へ思い思いの取り組みをしながら、精一杯心を込めて歌っている様子は、上手い下手を問わず、どこに行っても居心地の良い空間だーね。

  • 2008-08-03 ウィップスライム
    1月にあったmarippeの結婚式に招待してもらいそこでGrooveの面々に会った際だったか。
    furuちゃんが「関東に戻ってくるんだったらおかえりライブしよう!」ってゆってくれた。
    そうして脳ミソにインプットされた計画が、半年を経て実現っ
    ajikonさんの勤めるQ-ONのスタジオライブ企画の話がちょうどひょっこり出てきたおかげで、場が与えられたというこの奇跡。
    かねてから候補に挙がっていた次の2曲を軽くアレンジして数回練習。

     「大きな古時計」
     「グリーングリーン」

    あの少ない練習回数で、見事に伴奏を仕上げてくれたfuruちゃんには感心したもんです。
    あと、俺の方で少し変えた歌メロのラインは、yuriさんに「沖縄ペンタ!(ペンタトニックスケール)」と評されたりなんかして(笑
    そんな沖縄ペンタも、多くの人に耳慣れた童謡をただ歌うのも聴く方が退屈するかなぁと思って、一応俺なりに精一杯のこころ配りなのでした。

    そうして迎えた本番の日、その日の朝に決まったユニット名は「ウィップスライム」。
    鞭使いのfuruちゃんにしばかれるスライムの図(ぇ
    会場の様子は、スタジオライブに出演している皆さんがそのままお客さんでもあるので、つまりはスクールの発表会と状況が似てくる。
    出演者自身が他の出演者を温かく見守ってくれて。
    出演者の心許す招待友人方々も、その空気を共に感じてくれるみなさまで。
    これまた非常に心地の良い空間でした。
    わずか3曲ではあるけど、出番の順序も曲順もちょうど良かったし、MCも「やりきった」と思えるステージができた。

    しかしfuruちゃんの希望したデュエット曲「With You I'm Born Again」を一緒に歌ってあげられなかったのはとっても申し訳なかった。
    ホントごめんね、furuちゃん。
    それにしても、俺の歌った2曲はfuruちゃんの伴奏でしかできん2曲であったと思えてなりませぬ。
    ホントありがとね、furuちゃん!

  • 2008-12-12 Groove忘年会
    夏の終わりにGrooveの合宿に参加して、友達がちょっと増えて。
    その後の打ち上げ飲み会にて、ノリでドラマーメンツだけでバンド始めてみたりなんかして。
    いや、もちろん全員でドラムやるわけじゃなくてね。
    ドラム科所属のメンツで、バンドに必要なパートをそれぞれやっちゃおうって話。

    なんとそのバンド、人前に晒されることになっちゃいました。

    Grooveの忘年会が12月12日(金)にあって。
    ミュージックスクールの忘年会なので、生徒に演奏の機会が設けられてたりなんかして。
    だもんで、一発やっちゃう? みたいなノリで。

    お題はECHOSの「ZOO」。
    愛を〜くださ〜い〜♪ってやつ。
    いつもの練習では ajikonさん settchiぼんとも、ドラム初心者のmoeちゃんを暖かく見守ってくれてて。
    moeちゃんもメキメキ上達して。
    ウチナータイム標準装備の進行役としては、とても快適に練習風景を堪能しましたよw

    そして当日の昼間は着ぐるみ探しに行って、みごと牛をGET。
    なんつーか、これ着てステージ立つのと着てないのとじゃ、パンチが全然違っただろうなぁ。
    着ぐるみのおかげで、不細工なMCも適当に流してもらえた気がするし(笑
    演奏では、忘年会らしく歌係の俺が歌詞ド忘れしてポイント稼ぐし(笑
    打ち合わせしてたいくつかの箇所は、みんなの尺もバッチリ合って、サマになってたようだし!
    あ。MCでバンド名を「moepperin」だって名乗ったっけなぁ?名乗り忘れてたかも。。
    なにはともあれ、ひと仕事終えたぞ!と感じれるステージでありました。

    その数日後にあった岩田センセのレッスンでは、みんなの演奏に好評を頂きましたよ。
    moepperinのみんな、イキの良いステージをありがとーうっ(・∀・)

コメントはありません。 コメント/歌バカ/2008-12-29

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS