その日暮らしと日進月歩/2011-07-11

Last-modified: 2011-11-01 (火) 21:23:44 (2602d)
※※このサイトは2012年頃より更新を停止しています。※※

考え事のかけら

  • ケータイ履歴のなぞり方

    友達がこう綴っていた。

    半年こっちから行動起こさなかったけど誰からも電話やメールなし。
    忘れさられる人間なら生きていても死んでても同じだ。

    琴線に触れたので、久々に言葉を紡いでみたい気になった。

    色々と手を広げてみたことがあった。
    いつごろからか手に余るようになった。
    自分の心を蝕むことになるぐらいならと、手を引いてきた。
    近しい間柄だった人々ともだいぶ遠ざかった。

    そうした毎日を過ごしていると
    電話やメールの履歴は
    「いま自分の暮らしが、どこにどんな人達とあるのか」
    それだけを示すようになった。

    話すことが自然に湧くから、暮らしが近くにあるのだと知る。
    話すことが自然に湧かないなら、暮らしは遠いのだと気付く。
    自然に話題の湧く時が、暮らしが近づくときだから
    わざわざ話題をひねり出すようなことはしない。

    「いつか、何かの折には顔を見に行こう」
    ただただその気持ちだけ胸の前に抱えて
    今の自分の暮らしのあるところで、明日をつなぐ。

    自分が忘れずにいる誰かに「明日会いに行こう」と
    そう思える日を探して毎日をつないでいると
    ケータイ履歴には、自分の訪ねた足跡が残っていくことでしょう。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • なんか、共感しました(^-^) -- るみ 2011-07-11 (月) 19:30:31
    • 忘れられてしまうやるせなさは確かにあるけど、自分が人を忘れていないことが生きてる実感となって、プラマイゼロになる気がするんです。 -- kimita 2011-07-12 (火) 06:34:00
  • 遠ざかっているけど、日々の中でけっこうみんなの事考えてる。誰かが困ったら、何か出来る事をするし、健康でいてくれるように祈っています。最強に関わってないけど友達なのは災害が起こったときだけ無事ですかメールが来る、大切な旧友もいるなあ。みんなに、感謝! -- 2011-07-13 (水) 23:49:03
    • 暮らしの遠い人は後回しになって然るべきもので、「忘れ去られている」ように感じてしまうことの正体はそれなのかもしれないですね。いつでも誰かを訪ねに行けるような自分になりたいものです。 -- kimita 2011-07-14 (木) 15:29:00
  • 自分も含め、周りの人に寂しい思いをさせない人でありたい。 -- yoshiko 2011-10-27 (木) 23:01:06
    • あー、それ俺できてないはず。なにより長いこと親に寂しい思いをさせている。というわけで今月、親の顔を見るのとご先祖に手を合わせるのとを目的に、10年振りの沖縄帰省をしてくるよ。 -- kimita 2011-11-01 (火) 21:23:43