その日暮らしと日進月歩/2005-10-02

Last-modified: 2005-10-02 (日) 22:58:36 (5594d)
※※このサイトは2012年頃より更新を停止しています。※※

楽器遊び

  • ボンゴ買った
    先日、いつもの近所のミュージックスクール「Groove」のドラムの先生に「打楽器買うなら」ってことでお店を教えてもらった。
    ひとつは新宿の「ロックイン」。
    もうひとつは浅草の「コマキ楽器」。
    ロックインには、昨日の土曜日が夜勤明けだったのでその足で立ち寄ってみた。
    ボンゴがいくつか置いてあって、触れるとワクワクしてきた。でもちょっと値段が高いような気がしたので参考にとどめて、コマキ楽器も見てから買うもの決めることにした。

    おうち帰ってgoogle検索してみると、ありましたよコマキ楽器情報。
    Web上では「ジャパンパーカッションセンター」が通り名のようす。
    ショッピング情報もあったので覗いてみるとあるじゃないですかボンゴの安いやつ。しかもケース付き。
    場所も浅草で、行けない距離じゃないのにいきなりWebで購入なんてのも味気ないなと思い、まずはお店に直接行って拝見してこようということで、本日行って参りましたよ。

    新宿から地下鉄丸の内線で赤坂見附まで行って銀座線に乗り換えて田原町まで。
    銀座線に乗ってからが意外と長かったな。
    お店のある建物は、Webの案内では「田原町駅3番出口から直通1分」とあったんだけど、商店街の通りをまっすぐ歩いても目立ってなくて、「JPCはそこのわき道にあるぞ」っていう看板を見逃したらそのまま通り過ぎてしまうようなたたずまいだった。
    最初、6階のpercussion cityにいったら、ボンゴ見当たらないでやんの。
    お店の人に聞いたら一つ下のフロア(ethnic city)の方に置いてあるそうな。
    行ってみると、おーあるある。色んなエスニックな打楽器が。
    見てるとワクワクして、ロクに叩き方も知らんくせに色々触ってみたり。
    Webで紹介されてた目当てのボンゴがあったので即購入。
    すぐにケースに入れてもらって持ち帰り〜(喜

  • 浅草情緒?
    一人ニヤニヤしながら地下鉄に向かう途中、美味そうなニホイが。
    田原町3番出口出たすぐのところに焼きそば屋さんがあるんだけど、そこのニホイだった。
    時間も5時ぐらいだったからか、店内ガラガラ。
    雰囲気は昭和からありそうな感じのたたずまい。
    一瞬考えて入店。
    メニューを見ると、食べ物は下記の3点のみ(価格はあいまいな記憶より)。
      「焼きそば 300円」
      「大盛焼きそば 400円」
      「お土産やきそば 300円」
    やる気だ!!
    飲み物も下記3点のみ(各150円だったはず)。
      「ジュース」
      「コカコーラ」
      「サイダー」
    ますます気に入った!!!
    大盛焼きそばを頼んでしばし待つ。
    出てきた焼きそばはそんなに大きくはないお皿にそれなりに大盛っぽい盛り具合。
    美味かったので満足( ´∀`)

    この大都会において、食べ物屋さんがどこもかしこも装いばかり小奇麗にされていく中、こういうお店が商売を続けていてくれてるというのが何か嬉しく感じたり。
    「浅草」と言う地域のほんのわずか一角しか見てないけど、うわさに聞こえる情緒の一つを垣間見たような気分を、まことに勝手ながら味わえました。

コメントはありません。 コメント/その日暮らしと日進月歩/2005-10-02

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS