歌バカ/2006-10-22

Last-modified: 2006-11-23 (木) 00:21:00 (4407d)
※※このサイトは2012年頃より更新を停止しています。※※

あれから一年

関連:その日暮らしと日進月歩/2006-10-22

  • daichiさんライブ 再び
    ハコ:http://www.crazyjam.com/
    昨年に引き続き、立川クレイジージャムの誕生日イベントライブへ行ってきた。
    今回は四人の同月誕生日イベント。
    今日のライブも楽しかった。
    • 一バンド目はwattonさんの企画。
      一年前と同じく、本職はドラムのwattonさんがボーカル。
      前回はギターでやっとったけど、今回はベースで。
      ベースも上手だったなぁ。やっぱ楽器しっかりやってる人って、どの楽器も形になるよね。
    • 二バンド目が、俺の目当てのdaichiさん企画。
      daichiさんSax吹きまくり。実に楽しそうだった。
      去年も観たikenoyaさんのドラム、さらに粒がきめ細かくなったように思った。あの人の演奏はまた聴きたいなーーっ
      次のバンドのMCやってたねーちゃんが、wattonさん、daichiさんのバンドを「理系」と評していた。すんげ納得。みんなとっても技やリズムや音に対して真剣で、そしてそれを楽しんでいることがひしひしと感じられる演奏。
      1・2曲目はけっこう耳にしたことのあるメロディーだったから、マジメさが心地よい感じ。
      3曲目は演奏メンバー自身が「難しい」と評するような、難易度の高い曲。これ、楽器をかじってる理系人間の俺にはとってもいい刺激を受ける緊張感のある演奏だった。
      演奏者の、タイミングに対するテンションが伝わってくる演奏で、それがズレたりせずに総じて順調に進んでいることを、本人達がとっても楽しんでるっつーか喜んでる感じがした。
      でもそれの楽しさは、体力のない観客にとってはけっこう刺激強いのかな。4曲目が終わったあと、何人かお客が外に出て、客席に隙間が出来た。その隙間が、意外と心地よく感じた俺もいて。「あ、仕事人集団のマジメな演奏って、ポップな客には少し疲れるのかも」って思った。
    • 三バンド目のaikaさんはMCのねーちゃんにセレブセレブ言われて、そのやり取りが可笑しかった。前二つの「理系」に対して自分達を「文系」とMCで評するだけあって、軽快なシャッフルの曲の印象が強く残ってる。ブルースのフレーズを好んでやってたけど、緊張感よりも軽さに心地よさを求めてる音だった。ちょっと各曲が間延びして感じられたかな、聴いてる側にとっては。
    • makiさんのステージは、去年感じた印象の通り、選曲からなにから見事にmakiさん色に染め上げられてて楽しい。本人さんとても楽しい人なんだろうなぁ、なんてはた目に感じられるステージ。
      優しいというか柔らかい声なので、楽器隊の音が激しくなると少しかき消され気味になっちゃうけど、楽器の音が止まって声だけになった時のインパクトは見事。
      makiさん節とでもいうかそんな踊りと小芝居が観客の笑いを誘う、いかしたステージだった。
    • 最後の、主役全員が一堂に会したバンドでは、daichiさんのお茶目っぷりを堪能できました(笑
  • 雑感
    去年このイベントを観て、「あー俺も早く清算済まして遊びたい」なーんて思ったが。
    今は楽器で遊ぶことにあまり魅力を感じてない俺がいる。
    いや、演奏見てるとメッチャやりたい気持ちになるけどさ。なんか俺の出る幕ではないしな、とも思う。
    楽器でする表現よりも、どちらかというと言葉を道具にした表現の方が、自分の満足に近づけるような気がしてるこの頃なんだということを、イキのいいライブを観たことによって気がついたかも。

コメントはありません。 コメント/歌バカ/2006-10-22